「ほっ」と。キャンペーン

変化していくこと

b0000354_14515391.jpg
 こころまるくなる、元気の出る作品を創りたい!  これはみろが絵をかきはじめた頃から大切にしているテーマです。  だから、自分自身が、元気で穏やかな気持ちの時にしか、作品は描かないようにしています。だって、作品にはエネルギーがそのまま込められるから。

 だから、こころまるい、元気な人でありたい・・・とおもって生きていると、そうあれそうな事に目がいくし、出逢っていく。

 東京からGUAMに暮らしを移して、3年。 18歳で上京して路上でおえかきを始めてから、私の運命は大きく変化しました。  自分の思い、願い、夢を表現できる仕事をしたい!と小さい頃からおもっていたので、絵を描いて、それが仕事になっていったとき、あ~~~幸せ。だって今までやってきたことよりずっと、心地よく、心を込められるもの。  生きててよかった!とおもうことがいっぱいありました。   今でも。
東京で出会ったたくさんの素敵な人たち、仕事、いい時間、そして旅をしたことは、私にとって本当に大切な宝物です。  もちろん少し、その場所を離れるのはなんだかほろ苦い感じでした。

 でも、3年が過ぎようとしている今、思うのは、あ~ここに来て、じっくり SLOW=いろんな意味があるのですが、自分と向き合い、生き方、いのち、自然とじっくり対話すること、生活を味わうこと   は、私にとってとっても必要なことだったのだなあと感じています。

 GROUNDING・・・大地に根を張ること
  そう、私が今までちょっとごめんなさ~い・・・ってちょっと横切ってきたこと。
 それをここで今作品に向かいながら、じっくりさせてもらっている気がします。

 最初はなんだか違和感すら感じたけど、重要さを感じている今、そしてそんな時間や空間を与えてもらえていることに、本当に感謝しています。
 
 この3年間で変化したこと(すべて前からの繋がりで、自然な流れなのですが。)といえば、
 GUAM暮らしになったこと、地球(まる 2歳)のママになったこと、 早朝にYOGA,夕方に自然のなかを歩くこと、地球、宇宙と人との繋がりについての哲学(マクロビ、陰陽学、アーユルべテイックなど)とであえたこと、 環境保護、動物愛護、体と心と魂の健康の為にベジタリアンになったこと、いろいろな国の友達ができたこと・・・。などです。

 それらを通じて、最初のテーマ、大切に思うこと、愛について・・・なんだか感覚がすこし変わってきている気がします。 それは知らなかったことに知らなかったって気がついたからかな・・・・?   もちろん、これからも、大切なことはなんだろう・・・って自分に問いかけながら、観る人がまあるい気持ちに、元気になるような、そして 地球が元気になるように・・・と思いをこめて作品(VEGAN料理も含めて)づくりにとりくんでいきたいとおもいます。

  P.S ジクレ(版画)ができました。 新作もいっぱいなので、みてみてください。
      WHAT'S NEW でも観れるようになる予定です。

                         LOVE, みろり










  
b0000354_14522161.jpg

[PR]
# by mirori1975 | 2007-11-26 14:54

Bambinni Day school Wallpainting

   ひょんなことから、うちの子 地球(まる)の通うDAYSCHOOLに壁画を描く事になりました。
  最初からブルーに壁が塗られていて、海の中の生き物いっぱい。 なるべくリアルに。でもあなたのテイストで。 おねが~~~~~~~~~~い!!!!と、なんともスィートなインド人の園長先生にがっと腕つかまれてお願いされ、いままでの作品のテーマや感じとはまた全然ちがうけれども、子供たちが絶対喜ぶとおもうの!!!!という言葉と熱意に、OK! とおもってしまったのです。
 構想ができるまでは、かなり、辞典みたりして格闘しましたが、しらべたり、テーマのレポート書いたりするうちに、こんなにも海の中だけでも素晴らしい生き物がたくさんいるのか・・・・美しいなあ、可愛いなあ、不思議だなあ・・・と感動。
 そして、英語で生き物って、CREATUREっていうように、私たち人間も含めて、いのちある者すべて、世界をつくる大切なCREATURESなんだな~。  私も、そして子供たちも、光(平和、喜び、幸せ)に向かって生きていく、BEAUTIFUL CREATUREになりたいな!なってほしいな・・・・というねがいをこめて描きました。
 お弁当もって、子供たちの声ききながら通い、描いた壁画。 
今、子供たちの元気な~~~~~~~FISH! って壁の前で叫ぶ声、いっしょに泳いでみたりして遊ぶ姿を毎日見ることができて、あ~~~~~~しあわせ・・・。絵、描いていてよかった。と思う日々です。

   私の中の熱いものをボッとわきたたせてくれました。そう、これがわたしのLIFEWORKだ!って。
                                      
b0000354_13245543.jpg
みろり
[PR]
# by mirori1975 | 2007-03-20 13:25

HAFA ADAI!  近況報告

 
 ふと気がつくと時がび~っくりするほど経っていました。
 2005年6月に息子 地球(まる)が生まれ、母という大きな仕事にとりかかり、ほんの日常のなかにある今まで気にしてなかったような小さなことに感動し、一喜一憂しながら、一歩一歩歩んでいます。

  正直いって、今までそんなに他の事をするゆとりがなかった・・・。 GUAMで出産し、1日で退院。 最初の数ヶ月は自分の体調がしゃんとしないままに授乳、おむつがえの繰り返し。
 あまりの生活の変化に戸惑いつつ、地球が寝てる時にちょこちょこ絵を描く日々。

 少し慣れてきたぞ~と思ったらこれまた赤ちゃんもすごいスピードで変化して、常に新たなおもしろさと大変さがあって、なんだかいそがしい。
 特にはいはいができるようになってそう、彼は大変身しました。
1日のうちにちょこっとおでかけすればゴキゲンだったのが、1日の大半をおでかけしないとゴキゲンじゃなくなっちゃたのです。

 おでかけ好き、人好きはきっとみろと一緒なんだなと、納得し、家ででかけたいよ~!!!って泣いてるよりずっといいとおもって、GUAM中おでかけまくりの日々が1年以上続きました。

 プールいったり、ビーチ行ったり、カフェやドライブ、友達の家、ショッピングセンター・・・・よちよち歩く地球連れて、毎日お弁当持って、大変ながらも楽しかった~~~~~~!!!!

 でも、最近、もうがんがん走ったり、何かによじ登ったり、飛び降りたりできだして、運動能力の向上は著しく、心もどんどん成長している様子で、外で会う人とは HELLO~ ! HOW ARE YOU~ほんのちょっとの会話、ママと2人だけの日々に、地球は少しエネルギーをもてあましている様子で、 みろは、地球がおきる前までの早朝お絵かきのみが自分の時間。という生活をそろそろ変化させたかった。  

  というわけで、 家族3人でGUAMのDAYCAREをいくつか見に行き、結局、モンテッソリー教育を取り入れたちっちゃなDAYCAREを紹介してもらい、見学に・・・。 入ってすぐ、可愛いお歌が聞こえてきて、子供たちがみんな楽しそうに生き生き歌って踊っていました。 地球もにこっとして手を叩いてノリだして、よさそう! そう思ったので、早速年明けから通ってみることに。

 GUAMは昼間は暑いので、外遊びは厳しいし、こうやって、お友達と歌ったり、ランチたべたり、お昼ねしたり、遊んだり、昼間数時間ここで過ごすのって、たのしそう!と思ったのです。

 今のところ、よかった~~~!!!って思っています。  地球は迎えにいくといつも楽しそうにしていて、DAYCAREの後は良くおしゃべりするする・・・・。何か彼の空気はすっきりした~って感じで、きっと時々(みろもなるように)寂しかったりもしているのだろうけど、それ以上に何かやってやったぜ!僕は・・・みたいな良い顔してるの。
 早めにお迎えに行くので、それからお外遊びにちょうどいいし! みろもようやくエナジーが満ちてきた!!!!

 創作、想像する時間、学びたいことを学ぶ時間が持てるってこんなに幸せなことだったなんて。  自分で、心のバランスが取れていくのをすごく感じました。 そして地球に逢うのがまた楽しみでうれしいし。  充実しています。

 今は、夏に代官山TOMS CAFE 7月2日~8月5日 のミニ個展に向けての創作活動を、ちょこちょこ入る仕事の合間に続けています。
 
 それから、この1年間、少しずつためてきたオリジナルレシピ(チャクラレシピプロジェクトと呼んでいます。) を整理しているところです。  産後、食にすごく興味がでて、少しずつ学びつつ、できたチャクラ開くようなレシピ=元気のでるレシピ です。 
 絵とレシピを合わせた作品集を創りたいとおもって!!!
 
 これからまたちょこちょこと報告していきます。
   
 よ~し、元気でてきた。             LOVE, みろりb0000354_13373186.jpg
[PR]
# by mirori1975 | 2007-01-17 13:41

ぱたぱた ママ

b0000354_214486.jpg
 ママになってもうすぐ4ヶ月。 うちの地球(まる)もグアムのもわ~んと南国エッセンスたっぷりの空気を吸い、明るすぎる陽射しで赤ちゃんとは思えない渋い顔を見せながら、のびのびと育っています。  でかい3ヶ月です!
  妊娠中、元気でたの~しかったみろですが、実は出産はちょっと驚いた。まさか自分がそんな・・・・。って思うほど、大変な思いもしました。  正直、楽しみに迎えた陣痛。  英語だって、出産って自然な事だから大丈夫!って結構リラックスしてた。  おなかはもちろん痛くなるし、かなり痛くなってから、助産婦さんにまだかな~って聞いたら、まだ時間あるから、おでかけしてリラックスしておいで。ランチ食べにいってもいいし。 なんて言われて、結構驚きながらも、じゃあ・・・って陣痛ながらドライブがてら1時間くらいかけてお家に帰ってみたり、お風呂にはいってみたりしてバースセンターに戻ったら、もうすぐね! ってとこまできていて、初産のわりに順調! 出産自体も15分3PUSHって言われるほど、早かったの。  しか~し、その後、かなりの出血によるショックで、いきなりひゅンって視界がちいさ~くなったとおもったら、息ができなくなってきて、血圧が極度に下がっちゃって、一瞬危ない事に・・・。   大丈夫で良かった~って思えたのは次の日だったかな・・・・。     こっちでは入院は24時間がリミットで、後はお家でゆっくりしましょうっていうシステムなので、かなりひーひー、命からがら退院。 次の日、母が来てくれるまでは、何だか地球の顔みては感動。ほんでまたさようなら状態を繰り返していた気がします。(朦朧として)  ダンナさんはすご~く頑張ってくれてたんだけど・・・。

 まあ、2週間くらいは顔も青くって、とってもまずい状態。助けにきてくれた両母に救われ、1ヶ月くらいで何とか回復。家族3人、 新しい暮らしが始まったのですよ!!! 今でももちろん良く感じるけど、最初は特に、もうひとつ呼吸する音が聞こえることが、すごく不思議だった。ちっちゃいけど、しっかりした、ふか~い呼吸。  ミルク、おむつ、泣いて、寝て、ちょっと目をあけて・・・その繰り返しだけど、なんとも愛しいし、不思議といきなりつながりを感じてたな~。身体なんかふにゃふにゃでちっちや~いけど、自分の子だからか、扱うのが怖いって思わなかった。

 2ヶ月、3ヶ月って、大人じゃあ考えられないほどの成長をとげるのね~赤ちゃんって。2ヶ月ですっかり倍の体重になってるのにはびっくり。すこしずつ起きてる時間も長くなって、最初はお外にでたら、びっくりして、10分くらいで泣いてたのに、今ではおでかけしようぜ~早く~!!!って地球(まる)語で言ってくる。  5kmコースだってほとんどゴキゲン。良く笑うし、しゃべるし、みろの作ったおもちゃで1人、かなり長い事遊んでいたりする。 産まれたてのころからするとすごい進化。  最近は一緒におでかけしたり、お歌うたったり、お話したり、何でもかなり良い反応してくれるから、おもしろいったらありゃあしません。   

 とはいえ、なんだかんだやる事がいっぱいあって、あ~っという間に1日が過ぎ、パタパタママっていう、ちっちゃい頃ポンキッき(だったと思う)でやってた歌を思い出しつつ、ぱたぱた生活しています。  可愛くって、おもしろくって、今まで全然しらなかった感情を持たせてくれて、いろんなこと考えさせられ、最高。  なんだけど、時々びっくりするほど疲れちゃうし、心のバランスを崩す時もある。  でっか~い声で一緒に泣いちゃったことだってあるもんね~。

 でも、いつも地球がお昼ねした時や、ゴキゲンな時、時間さえあれば続けてる創作活動は、本当に、みろにとって、大切な時間。  バランスを取り戻させてくれたり、もっとHAPPYな気持ちになれたり、自分と向きあえたり。 地球もまた、たくさんエネルギーをくれるし。 

  いとおしい って、言葉でも知ってる。作品だってそんなテーマでたくさん創ったし。でも、こんな いとおしい があったのか・・・・って思います。  何か強い結びつきがあって、みろのところに来てくれて、こんなにいっぱい心動かしてくれて、ありがとう。  そりゃ~パワーのいる毎日だけど、がんばるぞ~。       世界中のお父さん、お母さんに脱帽。  そんで自分の両親に改めて感謝。。。。。                             

                    お絵描きとパタパタママ中の b0000354_211755.jpgみろり
 
[PR]
# by mirori1975 | 2005-10-13 21:04

maternity life

Hafa adai! ものすごくお久しぶりになってしまいました。 
  何をしていたかというと・・・。   9月、ヨーロッパから帰ってきて、何だか様子がおかしいぞ?! と思い、調べてみたら、妊娠発覚。 あれだけ大好きだった豆乳がなんだか飲めなくなっていて。 旅の始めの一週間、グアムに住んでいるダンナさんも、バケーションが取れて、フランスで待ち合わせをして、一緒だったので、その時にできたのです。 
 な~んにも知らず、ボルドーでダンナさん(かずー)とまたグアムでね~。って言ってから、夜行列車やバスでスペインの端っこまで行って、フランス戻って、そんでオランダの友達のお家にホームステイして帰って来ましたが、なあんか良く寝れるなあとは思っていたものの、良く長距離移動で重い荷物持って歩きまわっていた中、頑張って居てくれたなあ~って感心しました。

 そんで、急遽、よし、この際、グアムに住むぞ!グアムで産んで、お絵かきしながら子育てだ!と決心し、すでに入ってた仕事とか個展とか出版をして、いろいろと手続きとか準備を済ませ、11年住んだ東京を寂しいような、ワクワクするような、不思議な感じで後にし、4月にようやくグアムに引越し完了。  もう30回以上も行き来してたのに、本当に住んでみると、少し角度も違って見え、大変な事もたまにはあるけど、前よりもっとここが好きに思えてます。

  出産予定日は6月22日。 臨月を迎えました。  今のとこ、順調! つわりもほとんどなくって、安定期にはバリに行って、ものすご~いリラックスし、ミニトレッキングもしちゃった。
 その頃から胎動が始まって、実感もわいてくるし、正直、それまでは戸惑い大きくて、嬉しい!!!ママになるぞ!ってそこまで思えてなかった気がするけど、おなかでちっちゃいちっちゃい小鳥さんがパタパタしてるような、これって胎動?って感じるようになってからなんかぐんぐんエネルギーが湧いてくるような、前向きな気持ちになってきました。
 今では、驚きのちからづよさで、足とかキャッチできちゃうし、おいら、トレーニング中って感じ。
可愛いというか・・・・元気そうです。  
 絵の仕事も、何だか家族の記念(出産とか新築とか) にっていう注文が多くて、気持ちが今までと少し違ったかんじでこもるのが、自分でもわかります。 

 10ヶ月ってほんと、必要で、自然がくれた、大切な時間だなあ~と思います。だって 、妊娠です。来月生まれますよ~ って言われても、心と体の準備って到底できなかったと思うもん。
 時間かけて、体も心も変化してきて、今まで興味なかった、関係なかったものに興味もでたし、ほんと、人間だけじゃないけど、命のつながりがいかに絶妙なバランスで保たれていて、素晴らしいかを感じます。 大切にしなきゃ。 

 なんだかバタバタといろんなことがあって、変化していた10ヶ月でした。そしてまたしばらく大きな変化がありそうです。   今は毎日、まる(おなかのあかちゃん)と一緒にお絵かきとお散歩とウクレレの日々です。この 穏やかな気持ちのまま、出産を迎えられるといいけどな~。  

                                 Love, b0000354_14521518.jpgみろり
[PR]
# by mirori1975 | 2005-05-30 13:56

帰ってきたら いい天気

  なんか台風で大変だったという話を空港やタクシーのおじさんなどで耳にしながら、昨日の朝かえってきました。(ヨーロッパから)
 今日はいい天気で日本も素敵だなあなんて思いながら散歩して、やっとエンジンをかけつつあるところです。
  今回、フランスのパリ、アヴィニョン、オランジェ、ボルドー
  スペインのマドリッド、セヴィリア、グラナダ(アルハンブラ宮殿があるところ)、バルセロナ
  オランダのアムステルダムとアーネム(タイで3年前にいっしょにトレッキングした友達んち) にいってきました。
  びっくりしたこと その1 どの国も個性的で国境すぐこえられるのに、似てない。
 とくにスペインとフランスなんて、言葉も人も食べ物も時間の使い方も気温も色も
 全然ちがう。 夜行列車で国境越えたので、朝起きてから駅に出たときからこれはちがうとこに来たなあっていう、風を感じました。
 フランスは行ったことのある友達に聞いたかぎり、かっこつけが多いとか、重い雰囲気とか あんまし・・・・。っていうひとと、 お洒落で、文化的、歴史的なものがたくさんあって素晴らしい。って人とにはっきり別れてて、どうなんだろう。でも、一度世界最高と言われる美術品の集まる美術館や建物、街をみてみたかったの。
  アジア料理が大好きなみろには食べ物は正直、たまにつらかった。でも乳製品ずきでもあるので、マルシェやスーパーの乳製品の充実度、おいしさにはかんどう。
 乳パラダイスでしたよ。 つらくなったら乳たべて、そうだ、おいしいじゃないか!ともりあがりなおしたりもしました。 やっぱり、パン、お肉、ソース、ほわあっとバターソース系のあじが続くと  野菜と汁とスパイスをください!!!!ってかんじで、ベトナム、カンボジア料理をさがしあてたりして助かった!!! と真剣に思ったので、おいしいのだけど、本当に好きな味ではなかったのでしょう。
  しかし、みろが出会ったかぎり、思ったよりフレンドリーで可愛らしい人がおおくって、英語も一生懸命つかってくれたり、お勧めをおしえてくれたり、重いバッグ担いでたらたすけてくれたり、美しい人も多いし、いいところじゃあないですか!!! と人から思った。
 しいていえば、鼻もたかいし、色はとっても白いし、眉間とかまゆげと目の間の距離が日本人よりはるかに短いので、考える人ポーズなどして黙って電車にのっていると、ものすごくシリアスな、ちょっと気難しそうな感じにはみえるのねー。 そんなんしたら、ギャグみたいになりそうな丸顔のみろからすれば、うらやましくもある。
 街はやっぱり文化と歴史の感じがぷんぷんした。古い物を価値あるものとして、大切に大切にするところは、日本人が見習うべきところじゃあないかなあ。家や家具」や小物まで修理しながら大切にしていました。 大都会だけど、20年30年たっても変わらず、残ってるものがたくさんあると思います。
  南仏はまた違ったあったかさがあって、もっと気楽でのんびりな感じ。街もかわいくって
おとぎの国みたいだった。  うふふふふ。って笑いたくなる楽しさ。精霊ちゃん(立体作品)の写真もいっぱいとりました。

 スペインはやっぱりラテンの感じなのかな、これが。話し声は勢いがあってでっかい。
 色も原色の感じがおおくって、食べ物にも勢いがあるかんじでした。
 パエリアとかタパスとかおいしかった。 
 何といってもGAUDI 建築に素晴らしいこと。 特にGUEL PARK でしびれました・・・。
ふんだんに使われたいろと曲線はなんか、自然の中にある力強さを感じるし、自分の中にもある生命力みたいなものを思い起こさせてくれるというか。 めらめらと元気がでてくるかんじがしました。 作品つくろう!!!とすごく思ったし、たくさんの人が来てたけど、年齢問わず、国籍問わず、楽しい顔をいーっぱいみることができました。
 いつかそんな作品を残したいです。   いい旅だったあー。

 オランダはアムステルダム1日とあとは友達んちにとまってたので、あまり有名なところや観光スポットにはいってないけど、ローカルな滞在ができました。
 みろには寒すぎる気温だったけど、なんだか陽気で、気さく、おおらかで前向きな彼らにこころあっためられました。
  食べ物も生活も考え方もシンプル。 清清しい感じがしました。 あったかいし。
 でも、結婚しても子供がいても、個人っていう意識、尊重は強いと思いました。
 とっても仲良く助け合ってるけど、むやみに干渉したりしないので、家族と過ごす時間も、自分の時間も上手にもって楽しんでる感じです。
 友達の友達の家などにもたくさん連れてってもらったけど、個性的なインテリアやアートを家の中で必ず目にするし、手作りしたり、家族で壁を塗ったり、ソファーの色を決めるのに雑誌みながら話あったり、生活を楽しんでる感じがとってもしました。
 お休みも日本人には(お絵かきしたりウクレレ弾いたりしてうへーいそがしいわ・・・なんて思ってるみろが言うことじゃあないかもしれないけど。) うらやましいくらいあるし、時間や心にもゆとりがあるのでしょう。 ストレスは彼らからちっとも感じませんでした。
   幸せ。ってはっきり言い切ってた。  素敵なことですね。
 きっと、どんなところでもいろんな環境があって、決して、みろがみてきた物や人がすべてじゃあないし、ここはこういうところ、何人はこんなだ!なんてとうてい言い切れません。
  ただなぜか、どこ行っても、いろんな国の人に、日本はストレスかかえてる人が多くて、
 自殺が多いんだろ? 働きまくりなんだろ? 物価はそうとう高いんだろ?って聞かれます。  どうおもいますか?  そんな一面もあるけど、いいとこもいっぱいあるよって答えてますが。 映画やテレビや新聞からの情報らしく、日本人」には決して笑えない、病的な日本を描いた映画も一緒に観ました。 雑誌も。 なんでも変な事って頭に残っちゃうものだからか、 変なとこ拡大して映し出してるかんじでした。
   でも、独自の文化があって、シャイだけど、親切な人が多くて、食べ物はすごくおいしいし、日本が大好きだ。っていってくれる外国人にもたくさん会いましたけど。
   
 ながーくなっちゃったけど、いろんなものを観、感動したり考えさせられたりするいい旅ができました。 とってきた作品の写真も含めて、 セレクトして、来年はじめ出版予定のミニ写真集づくりと、作品作りに励もうとおもうます!!!!

           みろり
  
 



 


   
[PR]
# by mirori1975 | 2004-10-22 18:12

 やっぱリアスだし。

  なんかしら、旅立つ前に限って仕事が入ったり、これはやらねば!!!
 ってことがでてきたりするものですね。  なんだかあっちいったりこっちいったり
 日本いるときも 旅してるみたい。  楽しいなあ もう。

   9がつ20にちから1ヶ月間、フランス、スペイン、オランダに行ってきます。
 1月に出版予定の立体作品の写真集の為の 精霊ちゃんたちの撮影を兼ねてなので、
 精霊ちゃんも一緒に。 
  初めてのヨーロッパなのになんだか絵のこと(仕事も自分の作品も含めて)で心と頭がいっぱいで、ちっとも何にもみてないの。  そんなんもいっか。
  オランダは3,4年前に、初めて一人でタイの北部へ行って、トレッキングに参加したとき、
 10人くらい、イギリス、フランス、アメリカ、イスラエル、オランダなどから一人とか二人とかで参加している人がいて、その中にまじって、みろは登りました。 山岳民族の村に泊まって帰るのだけど、ずーっとそのメンバー。  そのとき、今より英語わからなかったし、豆乳もあんまり飲んでなくってちびだったし、ハードだったなあ。
 2人のオランダ人はあまりにも大きく、こっちは首が痛いぞ!と思っていたらあっちはあっちでそう思ったらしく、  What happen !   ARE YOU ALONE ????
 って。  りっぱな成人女性だって言うの。だいたいみろのちっちゃいレベルより、彼ら(およそ 2メートル) のでっかいレベルの方がびっくりよ。
  そんなんで始まって、結局3日間一番でっかいふたりと一番ちっちゃいみろが仲良くなり、 今回、再会ですよ再会。 あの時は彼女いなそうなふたりだったけど、今は二人ともパパ。 こないだほんとに泊まるよって電話したら、楽しくて20分位話しちゃった。英語も何とかなったぞ。  ウクレレはやっぱりもって行こうと心に決める、熱い電話でした。

  そうそう、ちょっと前に タラサ志摩HOTEL and RESORT の鳥羽駅のバスラウンジに壁画を描きに行ったの。海の男とその妻たちもしくは 昔そうだった みたいな地方色豊かな駅の構内になぜか長いこと居るおじさんやおばさん、たまーにヤングに囲まれ、励まされ、思いっきり描いてきました。(もし行く機会があったらみてね 良いのできた。) 

 壁画が終わってゆみちゃん(Staff)が伊勢、志摩観光に連れて行ってくれたの。
 伊勢神宮もそのまわりの古い町並みも感動した。大木がふとーいこえでお話してるようで、
 なんとも清らかなところでした。

 そんでドライブして、海をみせようって言ってなぜか山に登ったら、展望台になっていて
 そこから 生まれてはじめて  リアス式海岸というものを生でみました!!!!
 驚いた。 美しい。自然ってすごい。   なんで・・・・?
 ほんとうに不思議な光景でした。 海と木がいっぱいの陸がくねくねごちゃごちゃにいりまじっていながら、よーくたどって行けば、外洋につながっていて。まるで迷路。
 それから私たち3人は何かにつけては、やっぱリアスだし。 で驚いたことやへえーってこと
をまとめています。  日本にも驚きがいっぱいですなあ。

   話があっちとこっちにいっちゃたけど、リアスに免じてご理解のほどよろちくおねがいします。    原画飾ってるアスリートCAFE エスにも足を運んでみてください。 

     それでは行ってまいります。           みろり


  
  
[PR]
# by mirori1975 | 2004-09-18 18:56

早起きしたぞ。

  おとといから GUAM で創作活動をしています。
 今、立体作品創ってるんだけど、雨季なのでなかなか粘土が乾いてくれなくって、苦戦しています。    でも、夕方まであっかるい音楽聴きながら創作活動に集中して、あっ 夕陽に遅れる!!!!と急いでお散歩に出かけてビーチかジャングルをお散歩し、お散歩友達とちょこちょこおしゃべりしては お家に帰ってウクレレ弾いて、また眠くなるまで粘土や画材をさわってえ。   あーいそがしい。
 こんな充実した日々をこっちでは過しています。
 そうそう、ちかごろは早起きして豆乳を自分でつくってるの。
 今までアメリカの、中国の、韓国の、タイの製品をためしてみたけど、素晴らしい出会いはなく、甘かったり、変なにおいしたり。
 こっちに居る間くらい我慢しようかとおもったんだけど、手作りできることを発見した!
手間はかかるけど、うまい!
 先日日本で豆乳製造マシーンを買って見事に失敗。おいしくなかったの。そんで、みろ、はじめてのクレーム電話をしました。  あの!!!みろ悲しいのです!
 って、期待しすぎたあまりに、感情的になってしまって。ごめんなさい。
 でも、マシーンをじっくり観察したおかげで、要するにこうやって作るんだろう。ってことがわかったから感謝感謝。
  しかし、豆乳って人は一日どのくらい飲んでいいの?知ってるひといたら教えてください。
 1日1杯とかだったら、でっかいジョッキ一杯とかにするしかないなあ。
    さっ。おひさまでてきたし、精霊ちゃんつくろーっと。
                                           みろり
[PR]
# by mirori1975 | 2004-08-14 07:54

Bambini Day school  Wallpainting

 うちの息子 地球(まる)の通うDAYCAREは、いつも歌ったり踊ったりお絵かきしたりしていて、ちっちゃくて可愛いお家のようなDAY CAREだ。 
 地球も、午後迎えに行くと、キラキラしてて、今日もやってやったぜ!みたいにすっきりしている。   そしてそこの園長先生がまたなかなかいいキャラクター。
 なかなか迫力のある(ちょっと大きめ)のGUAM在住のインド人で、声も太く低く、仕草といい、しゃべり方といい、なかなか逆らえない感じの女の人なのだけど、知るほどになんともキュートなところがあって、1ヶ月くらいたったころには、私の中の彼女への印象はすっかり変わっていた。
 ちょうどその頃、 昼間、地球がDAYCAREにいる間、仕事してるの? って聞かれたので、絵を描いてるよ。って言ったら、”どんな? 何で? テーマは? 仕事で?大きさは?”などなど毎日聞いてくるので、ある日、ポストカードを持っていって、 こんな絵描いてるんだよ。 ここのお陰で安心して作品づくりの時間がもててHAPPYよ。  って言ったら、次の日、ガっと腕をつかまれ、 I REALLY LOVE YOUR ARTWORKS! ITWAS  SO~EXCITING!  I GOT CHICKEN SKINS!!! (鳥肌たった) YOU ARE WONDERFUL LADY!  
 などと、今までほめられた事のないほめられ方でほめられ、私もまた、ああ、絵描いていてよかった!!!と私の細胞が一番 喜ぶあの感じをまたもらってしまい、かなり彼女にこころ開いていったそんなある日・・・  DAYCAREの壁が青く塗られ、またもや腕をつかまれ、
 ”あ~!!!いいところにきた! 壁画、手伝ってくれない? 子供たちと描くからちょっとアイデアを・・・” と言われ、ああ、それはいいアイデアだね! 子供たちも喜ぶだろうなあ~っておもって、OKしたところ、どんどん話変わって、結局、子供にペンキは危ない、難しい、壁がやばいだろう・・・・ということで、結局、私が1人で描く事に・・・。

 確かに、1歳から3歳くらいがメインのDAYCAREなので、なかなか一緒には難しいなあ・・・・じゃあ、子供たちが楽しくなる絵をかこう!と思い、久々に3m、16mもある壁画にかかりました。
 最初から、壁はブルーになっていて、UNDER THE OCEAN! AS REAL AS POSSIBLE!
と決まっていて、かなり今まで私が自由に想像と好みの色彩で描いてきた作品とちがうな・・・・う~ん難しい。 と、格闘しました。  でも、子供たちの喜ぶ顔を思うと、母になってみてもっともっとそんな顔がみたい!声が聞きたい!みんなが喜べばそれでしあわせ!ってきもちは強くなっていて、初めて壁画描くのに辞典などみながら、わたしにしては長い日にち(6日も)かけて60種もの海の生き物たちを描きました。

 辞典みながら研究するうちに、こんなに美しい生き物がたくさんいるんだ~と感動し、レポート(壁画についての思い、テーマを英語で書いてきて!と言われ・・・) を書くうちに大切なことを思い起こしたり、すごくいい経験でした。

 英語で生き物のことをCREATUREと言いますが、まず、その言葉に感動しました。
 そう、私たち人間も含め、全ての生き物が世界を創る者たち。 CREATURES なんだな!って。  海の中だけ見てもこんなに多くのもう無数のCREATURESがいて、繋がっていて、ものすごいバランスを保っていて、なんて美しく、不思議なのだろう・・・と。

 真ん中に日の光を描きそこにCREATURESがむかってゆく絵にしました。光は、希望や喜び、平和のシンボルとして。 今回は海のCREATURES に全てのCREATURESを例えて。
 そして私もそんな前向きなエネルギーを持って生きていけるCREATUREでありたいな・・・と。

  壁画ができた日、SOBA先生はぎゅ~っとHUGしてまたまた喜ばれたことのない喜ばれ方で喜んでくれました。 子供たちも、辞典をみて描いたかいあって、壁を指差しながら、~~~~~~FISH, ~~~~~BUTTERFLY FISH !!!など名前いったり、泳いだりして、遊んでくれています。   そしてうちの子地球もSCHOOLに着くたび、帰るたびに立ち寄って、いろいろ話してくれていて、わたしもとっても嬉しい。

  お弁当持って、子供たちの声聞きながら描いた壁画。 ネパールの壁画以来、また私にSWEETな風を運んでくれました。

  そして、BEAUTIFUL CREATUREになりたいという思いと・・・。

                                    みろり
[PR]
# by mirori1975 | 2001-03-20 12:51