<   2001年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Bambini Day school  Wallpainting

 うちの息子 地球(まる)の通うDAYCAREは、いつも歌ったり踊ったりお絵かきしたりしていて、ちっちゃくて可愛いお家のようなDAY CAREだ。 
 地球も、午後迎えに行くと、キラキラしてて、今日もやってやったぜ!みたいにすっきりしている。   そしてそこの園長先生がまたなかなかいいキャラクター。
 なかなか迫力のある(ちょっと大きめ)のGUAM在住のインド人で、声も太く低く、仕草といい、しゃべり方といい、なかなか逆らえない感じの女の人なのだけど、知るほどになんともキュートなところがあって、1ヶ月くらいたったころには、私の中の彼女への印象はすっかり変わっていた。
 ちょうどその頃、 昼間、地球がDAYCAREにいる間、仕事してるの? って聞かれたので、絵を描いてるよ。って言ったら、”どんな? 何で? テーマは? 仕事で?大きさは?”などなど毎日聞いてくるので、ある日、ポストカードを持っていって、 こんな絵描いてるんだよ。 ここのお陰で安心して作品づくりの時間がもててHAPPYよ。  って言ったら、次の日、ガっと腕をつかまれ、 I REALLY LOVE YOUR ARTWORKS! ITWAS  SO~EXCITING!  I GOT CHICKEN SKINS!!! (鳥肌たった) YOU ARE WONDERFUL LADY!  
 などと、今までほめられた事のないほめられ方でほめられ、私もまた、ああ、絵描いていてよかった!!!と私の細胞が一番 喜ぶあの感じをまたもらってしまい、かなり彼女にこころ開いていったそんなある日・・・  DAYCAREの壁が青く塗られ、またもや腕をつかまれ、
 ”あ~!!!いいところにきた! 壁画、手伝ってくれない? 子供たちと描くからちょっとアイデアを・・・” と言われ、ああ、それはいいアイデアだね! 子供たちも喜ぶだろうなあ~っておもって、OKしたところ、どんどん話変わって、結局、子供にペンキは危ない、難しい、壁がやばいだろう・・・・ということで、結局、私が1人で描く事に・・・。

 確かに、1歳から3歳くらいがメインのDAYCAREなので、なかなか一緒には難しいなあ・・・・じゃあ、子供たちが楽しくなる絵をかこう!と思い、久々に3m、16mもある壁画にかかりました。
 最初から、壁はブルーになっていて、UNDER THE OCEAN! AS REAL AS POSSIBLE!
と決まっていて、かなり今まで私が自由に想像と好みの色彩で描いてきた作品とちがうな・・・・う~ん難しい。 と、格闘しました。  でも、子供たちの喜ぶ顔を思うと、母になってみてもっともっとそんな顔がみたい!声が聞きたい!みんなが喜べばそれでしあわせ!ってきもちは強くなっていて、初めて壁画描くのに辞典などみながら、わたしにしては長い日にち(6日も)かけて60種もの海の生き物たちを描きました。

 辞典みながら研究するうちに、こんなに美しい生き物がたくさんいるんだ~と感動し、レポート(壁画についての思い、テーマを英語で書いてきて!と言われ・・・) を書くうちに大切なことを思い起こしたり、すごくいい経験でした。

 英語で生き物のことをCREATUREと言いますが、まず、その言葉に感動しました。
 そう、私たち人間も含め、全ての生き物が世界を創る者たち。 CREATURES なんだな!って。  海の中だけ見てもこんなに多くのもう無数のCREATURESがいて、繋がっていて、ものすごいバランスを保っていて、なんて美しく、不思議なのだろう・・・と。

 真ん中に日の光を描きそこにCREATURESがむかってゆく絵にしました。光は、希望や喜び、平和のシンボルとして。 今回は海のCREATURES に全てのCREATURESを例えて。
 そして私もそんな前向きなエネルギーを持って生きていけるCREATUREでありたいな・・・と。

  壁画ができた日、SOBA先生はぎゅ~っとHUGしてまたまた喜ばれたことのない喜ばれ方で喜んでくれました。 子供たちも、辞典をみて描いたかいあって、壁を指差しながら、~~~~~~FISH, ~~~~~BUTTERFLY FISH !!!など名前いったり、泳いだりして、遊んでくれています。   そしてうちの子地球もSCHOOLに着くたび、帰るたびに立ち寄って、いろいろ話してくれていて、わたしもとっても嬉しい。

  お弁当持って、子供たちの声聞きながら描いた壁画。 ネパールの壁画以来、また私にSWEETな風を運んでくれました。

  そして、BEAUTIFUL CREATUREになりたいという思いと・・・。

                                    みろり
[PR]
by mirori1975 | 2001-03-20 12:51